歯が「しみる」「痛い」・・・そんな時はすぐ相談

冷たいものを口にした時、歯が「しみる」「痛い」などということはありませんか? それは、虫歯または知覚過敏のサインです。継続しない痛みであればつい放置してしまいがちになりますが、そうしているうちに症状がどんどん進行してしまうこともあります。ちょっとしたサインも見逃さず、できるだけ早めにご来院ください。

もしかして知覚過敏?

歯がしみた場合、まず頭に浮かぶのが虫歯ではないでしょうか? しかし、知覚過敏である可能性もあります。知覚過敏は、歯ぎしりや噛み合わせの不具合、また強すぎるブラッシングなどの積み重ねによって、歯根がすり減ることが原因となり発症します。

しみているだけ……と放置していると、すり減りが増し、虫歯などの原因になることもあります。進行を止めるために、早めに診察を受けましょう。また、痛みがひどい場合には、薬剤で患部をコーティングすることによって痛みをやわらげることもできますので、お気軽にご相談ください。

歯ぎしりや噛み合わせの不具合についてくわしくは、“誰もがしている!?「歯ぎしり・食いしばり」”をご覧ください。

やっぱり虫歯かも?

歯がしみたり痛んだりする原因が知覚過敏でない場合には、やはり虫歯の可能性があります。虫歯は進行すればするほど削る部分が広がってしまい、残念ながら治療で削ってしまったら二度と元には戻りません。また、虫歯が進行すれば最終的には歯を失ってしまうことにもなります。虫歯と疑われた時には、できるだけ早く診察を受け、適切な治療を受けましょう。

虫歯の進行段階と治療法について
進行段階 症状 治療法
C0【ごく初期の虫歯】

C0【ごく初期の虫歯】

歯の表面のエナメル質が溶け始め、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。
C1【エナメル質の虫歯】

C1【エナメル質の虫歯】

歯の表面のエナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。 虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。
C2【象牙質の虫歯】

C2【象牙質の虫歯】

エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 虫歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。
C3【神経まで達した虫歯】

C3【神経まで達した虫歯】

神経まで虫歯が進行した状態。熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。
C4【歯根まで達した虫歯】

C4【歯根まで達した虫歯】

歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。神経が死に、痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

親知らずについて

親知らずとは、前歯から数えて8番目の歯。永久歯が生えそろったあと、18~20歳頃から生えてくることが多い歯です。

親知らずは、もともと一番奥の歯として普通に機能していた歯でした。しかし、食生活が変わり、やわらかい食べものが増えたことなどにより現代人の顎は小さくなり、正しく生えるスペースが足りないことから斜めに生えたり、歯肉から一部だけが顔をのぞかせたりと、正常に生えてくることが少なくなってしまったのです。

抜歯が必要になる場合

斜めに生えたり一部歯肉に埋まったままの状態で生えた場合の親知らずは、ブラッシングがしにくく、虫歯や歯周病になりやすい傾向にあります。また、問題なのは、親知らず自体だけでなく、その隣の歯も巻き添えにしてしまうこと。手前の歯を強く押してしまうことで、歯並びを乱してしまう恐れもあるのです。

親知らずの生えている向きや顎の骨の中での状態を調べ、周りに悪影響を及ぼすことが予想される場合には、早めに抜歯をする必要があります。

抜歯後の止血に役立つレーザー

抜歯後は、ほとんどの場合で出血をともないます。これまでは、ガーゼを噛んでその出血を抑えていましたが、当院では止血効果のあるレーザーを患部に照射することで出血を抑えています。術後の腫れも抑えられるため、従来より短時間での治癒が期待できます。

抜歯をしなくていい場合

「親知らず」と聞くと、必ず抜くものだというイメージが強いようです。しかし、必ずしもすべての親知らずが抜歯の対象になるわけではありません。

親知らずという歯は、存在自体がある人とない人がいることにはじまり、生えてくる人と埋まったままの人がいれば、またその生え方も人それぞれ。一番奥の歯として正しい向きで生え、ブラッシングにも支障がない場合や、そのほかにも特に悪影響を及ぼす可能性が見られない場合には、抜歯をせずそのままにしておいてもかまわないのです。

まずは親知らずの状態を歯科医院でしっかり確認することが大切です。「抜歯」というイメージでやみくもに怖がらず、一度当院までご相談ください。

インターネット診療予約